時計買取は箱なし、電池切れでもOK?査定額には影響ある?

時計買取は箱なし、電池切れでもOK?査定額には影響ある?

 

時計を買取してもらう時に古いものであったり、備品がいらないからといって捨てたりして箱なしの場合や電池切れの場合でも買い取ってもらえるのかどうかという疑問がありますが、買取はしてもらえます。

 

時計の状態でも査定は変わるのですが、意外と箱は重要なものになっています。
通常時に使用する時計なら良いのですが高級品にもなりますと、箱ごとコレクションとして飾る人が多いので箱も綺麗に保管しておいた方が査定に有利になります。
実際の箱なしによる減額の相場は数千円から1万円程度になっていまして、箱があるかないかという問題もありますが、箱がないことによってしっかりと保管されていなかったとみられる部分もあるでしょう。

 

高級時計の場合は箱の有無も大事ですが、基本的に必要になるのは正規のルートで購入したことを証明する保証書になりますので、こちらの方も大事に取っておいてください。

 

次に時計の電池切れですが、業者によっては動かない時計は買い取らない場合があります。
そういった業者を利用する時は事前に電池交換しておいた方が良いのですが、売却額との兼ね合いもありますので相場を調べてからの方が良いでしょう。

 

電池切れの場合でも買い取ってもらえる業者の場合でも動いていないものよりも動いているものの方が高額査定になりやすいです。
動いていないということは正常に動くかどうか分からないということになりますので多少なりとも査定には影響してきます。